中小企業金融年末対策について
〜年末資金繰り相談窓口のご案内〜



《福岡県 商工部 中小企業経営金融課よりお知らせ》
 県内経済は製造業を中心に緩やかながら着実に回復する動きが見られるものの、 引き続き厳しい状況にある雇用情勢に加え、家計消費における政策効果の息切れや、 円高による企業収益減少への懸念など、中小企業の経営環境は依然として先行きが見通せない状況にあります。
 このような中、これまで中小企業の資金繰り円滑化に大きな役割を果たしてきた、 「景気対応緊急保証制度」と「中小企業金融円滑化法」が来年3月末に終了の見込みとなっております。
 こうしたことを踏まえ、中小企業の年末における資金繰りに万全を期すため、 年末資金繰り相談を実施するほか県制度融資による弾力的対応を図ります。



1.年末資金繰り相談(電話、来所)」の実地

福岡県信用保証協会にて、年末の土・日・祝日は相談窓口を開設いたします。
(相談を希望される方は、事前にお電話でご連絡ください)

【場 所】
■本所 営業部(福岡市博多区博多駅南2丁目2番1号)
          TEL…092−415−2600
■北九州支所(北九州市小倉北区古船場町1番35号)
          TEL…093−551−2632

※月末30日まで12月中は土曜、日曜、祝日も休まずに対応
※29日、30日は上記ほか、大濠、久留米、大牟田、筑豊の全支所で実施

2.「緊急経済対策資金」の利用促進について

売り上げ減少中の中小企業向け県制度融資(「緊急経済対策資金」)
による迅速かつ弾力的な対応
(1)新規及び追加融資
(2)借り換えによる複数口の借入債務の一本化
   1:月々の返済負担が軽減
   2:新たに元金返済据置期間を設けることも可能
     (最長2年、返済猶予と同じ効果)
(3)借り換えに合わせた真水(ニューマネー)の追加

3.「返済条件緩和措置」の促進について

信用保証協会が中小企業から直接相談を受け金融機関との調整を実施
(1)元金返済の一時的な猶予(最長2年)
(2)上記に合わせた返済期限の延長


詳細については
福岡県商工部中小企業経営金融課ホームページ
をご覧ください。
■TEL:092−643−3424