九州公共建築フォーラム2011が開催されます【参加費無料】


九州公共建築フォーラム2011
『備える』〜公共建築にできること〜


 九州公共建築フォーラムは、九州地方の建築技術者が会して公共建築に関する課題について情報を共有し意見交換を行うことにより、 よりよい公共建築づくりに役立つことを目的として、2006年から開催しています。
 今回は、災害に「備える」をキーワードに、各方面で活躍されている方々より、 多面的な視点で公共施設あるいは地域が果たす役割について報告・提言して頂きます。

《講 演 内 容》
■1:雨を貯めるということ ―流域治水と震災から考える―
  講師/島谷 幸宏(九州大学大学院工学研究院環境都市部門 教授)

■2:住まいの健康性の評価
  ―CASBEEを活用し、快適で安心・安全な居住環境の実現をめざす―
  講師/白石 靖幸(北九州市立大学国際環境工学部 準教授)

■3:福島県応急木造仮設住宅 ―次の災害に備えて―
  講師/辺見 美津男
     (日本建築家協会東北支部副支部長兼福島地域会会長
      有限会社辺見美津男設計室代表取締役)
■日 時
  平成23年11月8日(火)

■会 場
  福岡県自治会館 2階大会議室(福岡市博多区千代4-1-27)

■申込方法
  下記申込書に必要事項をご記入の上、
  公共建築協会九州地区事務局までFAXをお願いいたします。
  ※参加費無料
  ※定員:250名(定員になり次第受付を終了いたします)


●詳細、及び申込書はこちらから
  ■九州公共建築フォーラム2011 詳細及び会場
  ■九州公共建築フォーラム2011 参加申込書




《 問い合わせ先 》

■公共建築協会 九州地区事務局
TEL:092-262-6756 FAX:282-8709