木造軸組戸建て住宅の設計者向け『住宅性能表示制度』
講習会のお知らせ


構造・省エネを中心とした各基準の
わかりやすい解説を行います


 住宅性能表示制度が開始されてから10年が経過し、 4戸に1戸は住宅性能評価(設計評価)を受けた住宅になろうとしています。 東北大震災によりこの制度が注目をされている中で、 税制優遇措置が受けられる長期優良住宅の認定を受けた戸建て住宅のうち、 約7割が住宅性能評価を一緒に受けるまでとなっています。
 このような中で住宅に携わる設計者にとっては、 住宅性能評価の申請をできることが必要不可欠なものとなりつつあります。
 そこで、これから評価申請をしようと考えている方、 構造や省エネの基準を改めて学び直そうと考えている方むけに、 木造軸組戸建て住宅の申請を想定した基準などのわかりやすい解説を行います。

◎評価申請の初心者/二階建の在来木造の構造・省エネを習得されたい方に最適です
◎長期優良住宅・フラット35・フラット35Sの申請にも役立ちます
■日 時
  平成23年11月25日(金)

■会 場
  ASCビル3階A会議室(福岡市博多区博多駅東1-16-25)

■プログラム

  【10:00〜12:00】………………………………………………………………
   1.住宅の品質確保の促進等に関する法律・制度活用メリットの解説
   2.日本住宅性能表示基準の解説

  【13:00〜17:00】………………………………………………………………
   3.評価方法基準の解説
  • 構造の安定に関すること【「壁量」・「床倍率」の計算ほか】
  • 温熱環境に関すること【主に「熱貫流率等による基準(仕様規定)」】
  • 劣化の軽減/維持管理・更新への配慮/高齢者等への配慮に関すること
  • その他の基準 ほか
  ※長期優良住宅、フラット35・35Sの基準に対応した等級の解説を行います。

■申込方法
  下記申込書に必要事項をご記入頂き、受領証を添付の上、
  FAXをお願いいたします。
  ※受講料:10,000円(税込・テキスト代3,500円込)
  ※締  切:11月18日(金)
  ※定  員:50名(定員になり次第受付を終了いたします)


●詳細、及び申込書はこちらから
  ■『住宅性能表示制度』講習会



《 問い合わせ先 》

■一般社団法人 住宅性能評価・表示協会 事務局
TEL:03-5229-7440 FAX:03-5229-7443