「実務者のための工事監理ガイドラインの手引き」
 
解説講習会 開催のご案内
建築主と建築士事務所が、設計及び工事監理等の業務委託契約を行う際の新しい業務報酬基準として、 2009年1月に国土交通省告示第15号が公布されました。

併せてこの業務報酬基準において、工事監理の標準業務内容に示される確認対象工事に応じた合理的方法を例示した 「工事監理ガイドライン」が国土交通省より通知されております。

建築の実務者に「工事監理ガイドライン」の適正な活用を普及・促進、 また建築主・設計者・工事施工者等が工事監理に関する理解を深めることを目的として、 講習会を開催することといたしました。
 


  • 日 時
    平成25年10月30日(水) 13:00〜17:30(受付 12:00〜)

  • 会 場
    福岡建設会館7階 701・702会議室 【 定員100名 】
    (福岡市博多区博多駅東3−14−18)

  • 講習会内容
    ・工事監理ガイドラインとは
    ・法的位置づけについて
    ・非木造建築物(設備工事・設備工事)
     及び戸建木造住宅の確認ポイントについて

  • 受講料
    事務所協会会員
      8,000円

    上記会員以外
      13,000円

  《申込書・申込み方法等の詳細はこちらから》
  ■ 「実務者のための工事監理ガイドラインの手引き」解説講習会


  ※申込締切:平成25年10月23日(水)必着
    




 ■ 問い合わせ先

社団法人 福岡県建築士事務所協会

   【 TEL 】 092-473-7673
   【 FAX 】 092-473-7278