再使用の可能性を判定し、復旧するための震災建築物の
被災度区分判定基準および復旧技術指針講習会
【講習日:平成28年7月29日(金)】 ※追加開催
 地震発生後、被災建築物については被災各県において応急危険度判定活動が実施され、 その後は次の段階として、被災建築物の所有者からの相談及び業務依頼により、 被災建築物の再使用の可能性を判定し、復旧するための被災度区分判定及び復旧業務の迅速な実施が重要となります。

 所有者等からの依頼により、建築士事務所に所属する建築士が被災度区分判定及び復旧に伴う設計 ・工事監理業務を実施するには、その業務の内容を習得していることが必須となります。

 このたび、(一財)日本建築防災協会による本講習テキストの大幅改訂を機に、 より多くの建築士事務所(建築士)が今後起こり得る震災への対応に備えるべく、 本講習会を全国的に実施することといたしました。

 今般発生した平成28年熊本地震により甚大な被害が発生している今、 災害からの早期復旧・復興に寄与する本業務の意義をご理解いただき、ぜひこの機に受講ください。
 


  • 会場・日時

    平成28年7月29日 (金)※追加開催
    10:00〜16:20(受付9:30〜10:00)
    福岡建設会館7F 701・702会議室
    (福岡市博多区博多駅東3−14−18)

  • 受講対象

    建築士事務所に所属する1級・2級・木造建築士、
    建築および防災関係の職員


  • 受講料

    【受講料】
    ・建築士事務所協会会員……4,320円
    ・その他一般……6,480円
      ※いずれもテキスト代除く・消費税含

    テキスト:7,776 円(税込)

     「2015年改訂版 再使用の可能性を判定し、復旧するための
      震災建築物の被災度区分判定基準および復旧技術指針」


      ※(一財)日本建築防災協会発行
      ※既にお持ちの方は購入する必要はありません。

  • 申込方法

    ・必要な書類等は下記をご覧ください。
     受講申込書をご記入の上、窓口持参または郵送にてお申込ください。
     FAXではお申し込みできません。
    ・定員になり次第締め切らせていただきます。
    ・受講申込受付後、受講券を発行いたします。


  《詳細はこちらから》

  ■2015年改訂版 再使用の可能性を判定し、復旧するための
    震災建築物の被災度区分判定基準および復旧技術指針講習会
    (全構造編)開催ご案内
    【こちらをクリック下さい】

  ■ 申込書

  ■ 別記@(希望者のみ)

  ■ 別記A(希望者のみ)


  ※申込方法、必要書類等は上記ご案内をご参照ください。


 ■ 問い合わせ先

(一社)福岡県建築士事務所協会 事務局

   【 TEL 】 092-473-7673
   【 FAX 】 092-473-7278